名古屋市民管弦楽団とは

活動の紹介

練習会場


トップへ


お問い合わせ

名古屋市民管弦楽団とは

 1958年(昭和33年)に名古屋市民管弦楽団(名古屋市民オケ)の前身である「労音オーケストラ」が創立されました。
 このとき団員18名、名古屋市上前津の唱指楽器2階で「ドイツ舞曲」を練習したのが「名古屋市民オケ」の始まりです。
 現在では、団員約100名を擁するフルオーケストラに成長してきました。

 団員の構成は年齢層で10歳代後半から70歳位まで、職業は学生、会社員、自営業、公務員、主婦から教員、大学教授まで多岐にわたります。 また名古屋地区出身者のみならず、北海道から九州出身者まで幅広く、出身校、経歴、年齢、職業を問わず、まさにオーケストラ愛好者の集団です。


 1968年(昭和43年)に「名古屋市民管弦楽団」に改組して以来、名古屋市千種区本山に本拠を置く社会人オーケストラとして活発な活動を展開しています。

 1978年(昭和53年)に名古屋市から「第3回名古屋市民芸術奨励賞」を、また1979年(昭和54年)には愛知県から 「愛知県芸術選奨文化賞」を受賞しました。
 1983年(昭和59年)には指揮者・小林研一郎氏に率いられ、ハンガリーのブダペストにて公演を行い好評を博しました。

 また、オペラの公演も行っています。
 1983年には、名古屋市民オペラと共にプッチーニ作曲 「トスカ」を上演。
 1988年、第185回市民の劇場オペラ公演に参加し、プッチーニ作曲 「ラ・ボエーム」を上演。
 1992年、名古屋市民芸術祭’92主催公演としてプッチーニ作曲 「トゥーランドット」を上演。
 いずれも好評を博しました。

 更には、ガーシュイン「パリのアメリカ人」他のアメリカ音楽による演奏会(指揮:山田和樹氏)や ラヴェル「ラ・ヴァルス」他のフランス音楽による演奏会(指揮:松尾葉子氏)、ファリャ「三角帽子」他のスペイン音楽による演奏会(指揮:松尾葉子氏)を行い好評を得るなど、新しい企画にも取り組んでいます。

 <主な共演者>
指揮者:小林研一郎氏、山下一史氏、松尾葉子氏、現田茂夫氏、武藤英明氏など多数
ソリスト:トーマス・ティム(Vn)、ユルンヤコブ・ティム(Vc)、エルンスト・オッテンザマー氏(Cl)、など多数

詳しくは、こちらのページにて紹介しています。

 

このページは、N@トロンボーン吹きが作成しております。

Copyright(C) -Nagoya Citizen Orchestra- All rights reserved